2013年7月22日月曜日

『風立ちぬ』観てきました。


『風立ちぬ』観てきました。



以下より、少ーーーーーーーしだけネタバレ。
ほぼ感想だからネタはバレてないと思うけど念のため。
楽しみにしてて、変な先入観もちたくないわ!という方は
映画をご覧になってからお読みください。


























あれはジブリの映画じゃなく、
宮崎駿さんの映画だった。
ゼロ戦の設計をした堀越二郎さんと、
その半生を小説にかいた堀辰雄さんへの
監督からの熱烈なるファンレター。


ナウシカに出て来る飛行船、
ラピュタのロボット兵、
紅の豚の飛行機エンジン、船の描写、
ハウルの城の戦争描写、夢の中の描写
………
個人的な感想だけど
今までの宮崎アニメの各シーンが
沢山ちりばめられているような気がして、
監督の底にあったのは
この映画だったんだろうなぁ、
と思った。

物語に派手さはないけれど
人間と飛行機がとても美しかった。
二郎さんと菜穂子さんが夫婦になれて
少しでも同じ時間を過ごせて本当によかったと思う。
好きな人の側にいるしあわせを
ただただかみしめてた菜穂子さんをみて
同じ女として痛いほどわかるし
観ていて切なかった。
疲れて寝てしまった二郎さんに
お布団かけて寄り添うシーンは特に共感した。
あぁ〜、、わかるなぁって。

忙しい中、時間をぬって菜穂子さんに駆け寄る二郎さんは
一目散に走ってきてくれ、
一目散にハグしてくれ、
照れずにキレイだよ、と言ってくれる。

この二人に残された時間を
本当に一秒も無駄にせぬよう、生きてるんだなぁと思った。



上映時間は2時間6分あったが、全然長いと感じない。
子供とは観に行く映画じゃないと思う。













2013年7月21日日曜日

増える本。減るコスメ。


フリーランスになってからの傾向。
増える本。
減るコスメ。
(藍ちゃん。松浦さんの本、私も持ってます。)



本はデザイン参考にする本とは別に
自己啓発本や、確定申告本など、
あまりに何もわかってないから
とりあえず勉強しなきゃ!って思って
気になった本はどんどん買って増えちゃいました。

買った本を読んでみて
全部が全部参考になる本ではなく
自分がもう心得てることを書いてる本もあって
この間、少し整理してみました。
本はどうしても仕事をする上で増えていってしまうものなので
定期的に見直していかねば!


あと変わりつつあるのは服装。
「え?全然変わってなくない?」とお思いのご友人方(笑)
仕事着が少ーし大人になったのですよ!
まぁ実年齢も30近いし、なにより第一印象は見た目で決まりますからね。
一人で仕事をしているので印象はとっても大事、
服・髪・肌はもっとあか抜けたいなぁと頑張り中。
特に服装は今気になるものの1位でもあります。
でもいまだイモくさいのが悩み。。。
(仕事服は興味あるけど私服が適当すぎる問題)




この間、服も整理しました。
まだ全然着れるんだけど、もう着ない服達です。(これ1/4)


\ こんもり



































これにアウターも1、2着追加して売り飛ばします。
新たな嫁ぎ先で沢山着てもらえよ +。:.゚.:。+。:.゚.:。+


そんなわけでタンスから服が消え去り、服がありません(爆)
少しずつですが、大人服増やし頑張ります。




そしてデザイン・経理・確定申告などなど
仕事関連にしかお金がまわらなかった昨年の間に
コスメに関する関心が、まぁー薄れる薄れる。

前は家に帰る途中にチャーリー前(ドラッグストア)を通ることもあり
ストレスを払拭するようにコスメを買っていたのですが
いまやシャンプーもアイシャドウも美容液も


ま っ た く も っ て 大 雑 把 。


いろいろ使ってみて思ったのが、
足すことばかりした肌や髪はもろいということ。
そもそもキャパオーバーな愛そそいでるから
ごはん適量食べたらお腹は満たされるのに
満腹になってもあたえちまったよ。。みたいな。
そしてどんどん不健康で弱々になる。
…もうね、お金の無駄。


大事なのは化粧水や美容液よりも洗顔。
過量なコンディショナーより丁寧な洗髪。
ってやっと気がついてからは、必要かどうかも考えなしに
むやみに買いあさるのをやめました。
少し考えて買うのは、洗顔やクレンジングくらい。
あとは最低限、肌に合うコスメがあれば十分です。


そんなある日。
コスメ情報にうとくなっていた私に驚きの情報が!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
老化の原因の1つとして肌の酸化がある。
オイルクレンジングは肌の酸化の影響を受けやすくなる。
つまり、老化を加速させてしまう。ミルクタイプを使うこと。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



……………、


まじか。←オイルクレンジング使用



これはまずい。。。ミルクタイプに変えよう。。。
と思い立って、仕事の合間に調べていたら(←)

クレンジング+
ピーリングマスク(洗顔)を1週間に2〜3回
使用してあげると良いのだとか。

ピーリングとは
古い角質を取り除き、肌本来の新しい角質に取り戻すこと。
肌のお掃除だね。洗顔もこれに変えてみようっと。

そしてそれもどこに売ってるんや。。とネットで探してみると
けっこうお値段するんですね。状態におちいりました。
大人って………大人ってお金かかるわぁ〜〜。。。


そんな中チャーリーでまぁまぁお手頃なの見つけました☆





































Za  トゥルーホワイト  ピーリングクリーム  100g  1,260円

3回くらい使ってみての感想は、
ざらついたお鼻やあご部分がツルツルになりました +。:.゚.:。+。:.゚.:。+
個人差あると思うけど、お値段的に大満足。



人生の衣替えはまだまだ途中なので
これからもマイペースにがんばります。







2013年7月19日金曜日

第3回「四町乙女パーティー ×zine picnic(仮)」



「四町乙女パーティ× zine picnic(仮)」
日時/2013年9月23日(月・祝)
場所/四町パティオ(田町交番西側)

※チラシ写真解像度低いのしか手に入れてなくてゴメン!

そんなわけで、またまたあります四町乙女パーティー!
乙女でわくわくキュンキュンしたアクセやzine(本)や食べ物などなど
集まったイベントなのです!野外ですのでお気軽にどうぞ☆

私も毎回楽しみにしてるので遊びに行くよー☆

下は前回の第2回の時の写真です↓
























































楽しみにしてまーす☆^^





褒める。と 関心をもつこと。






























■写真■ 2012年「第2回 四町乙女パーティ× zine picnic」より



「あなたのしたいことはなんなの?」
「あなたの絵で表現したいことはなんなの?」
「どうやって描いているの?」
「どのイベントに出てるの?」
「どんどん見たいから、もっと作品を作ってよ」


物をつくるコミュニティの中にいると
なんとなく出した作品に対して
「どういうことを表現したいの?」
と、自分の考えを聞かれることが多い。

「なんとなく」と言っても
たくさん考えて、たくさん試行錯誤してる作品は
こう想って描いたとは言えるんだけど
「有名ではない」「プロではない」=誰も見てないだろう
といった体のいい言葉に隠れて
ビジュアル面でだけ描いた作品は
手抜きした部分が見え隠れするわけで
説明をもとめられた時に、言い訳してる部分って自分でわかる。

大抵の場合、作家さんと呼ばれる人たちは
想いを汲み取ろうとしてくれる人達が多いし
優しさ故の素直な感想をくれたりする。

作品の優劣じゃなく
手抜きしたことに関しては「ダメだろ」って言うけど
破天荒なことでもバカなことでも
作品を良くしたい・おもしろくしたいって気持ちに関しては
最大の「いいね!」をくれる。

自分が真面目に作品と向かい合えば向かい合うほど
「いいやん!いいねー(笑)」
と言ってもらえる幸福のループ。





…あれだね、



人を褒めるって大事だね!
関心をもってもらえるって幸せだね!



そのまま生温につかり続けたら
そこで成長はとまるけど、
人に褒めてもらえたことがきっかけで
それが仕事になっちゃいました。ってこともあるくらい、
笑ってもらえる・楽しんでもらえるってうれしいことだし
なにより反応が返ってくるってすっごいパワーになって
自分ががんばった分だけ、返ってくるものなんやなって。
誰にも見られてないと、良くも悪くもかたよってくるから
悪い方にいくと性格ひねくれたり、ぐれたりすると思う。
あと、批評家にはなるなってこと。
好きか嫌いか、自分で思う分にはOK!


作品の密度も大事だけど
頻度の方が重要な気がして
完璧に完成された作品じゃなくても良くて
それよかチャレンジの方が大事で
その人の作品に対するパワーを見たい。
…というか「その人の考えを知りたい!」って想ってもらえるわけで。
なかなか大変なんだけど大事なんだよね。。

22歳の頃の私は「自分の事なにも知らないな…」っていう感じでした。
人の反応ばかり待ってると、なんにもできないし、
認められたいのに待つことって心満たされないんだなって
自分で動いた方が傷つくけど清々しいんだなって。

かっこつけるほどかっこわるくて
かっこわるいほどかっこいいんだな。



「褒めること。関心をもつこと。」
作品のこと中心に書いたけど、
人間にとって心の栄養として必要なもの2つ。
子供ももちろん、大人相手にも必要!
わかってるけど、行動に現れてない時あるから
書きとめておこうっと。



P.S. Box Gallery  Make Merryと、
そこで知り合った作家さん達に出会えたのは幸運でした。






2013年7月17日水曜日

夏!ひまわり!


今年も行ってきました!
香川県仲多度郡まんのう町帆山地区「ひまわりの里」

あっつーーーかったけど、みんな元気に前を向いてました。
太陽の動きにあわせて、どんどん向きが変わってくる☆
ひまわりの身長が私と同じくらいだったから150cm超。
小さいお子さん達にとっては迷路のようでしょうね(^^)



ミツバチもぷんぷん♪
たくさん蜜あつまりそう。



おっきい!おっきいよう!



少し小高いところから見ると、黄色の絨毯☆



緑の中に黄色の絨毯。時々その横をJRが通ります。すてきな光景でした(^^)
また来年も行きたいなー☆







2013年7月8日月曜日

I LOVE かき氷。


いちごミルクとレモンミルク。

『扇町喫茶』
香川県高松市扇町1-18-5


ここのかき氷は、
氷も美味しいしシロップも美味しいから
夏になると「食べにいきたいなぁ〜」と思っちゃう。

なにより、
あんなわかりにくい場所にあるのに
口コミで「かき氷が美味しいお店」になっちゃったもんね。

店内は海の家みたいに
特におしゃれじゃなく殺風景やけど、
近所の駄菓子屋さんみたいなリラックスさだよ。
なんやろ…ほんま昔ながら
家族でのんびり営業してます〜って感じが
心地よくて好き。

店内にも席あるんやけど、
今回は店前の夕涼み台に座って食べました。
すだれあるだけで、暑さ全然違うね。

ここはオススメ。
住宅街にひょこっとあります。Pは店前に数台あり。



























2013年7月7日日曜日

金曜ロードショー『耳をすませば』


やっぱり観ちゃった「耳をすませば」。

中学生でバイオリン作りの職人になる!って
そんなはっきり夢決まってたら
そりゃそりゃ感化されて焦るよね。
「私だって役にたちたいんだからー!」って
まさしくソレですね。お荷物にはなりたくないってやつ。
だから好きな人に追いてかれないように
一生懸命になる。

雫のお姉ちゃんの気持ちも
ご両親の気持ちもよーっくわかる。
雫のこと心配やもんね。まだ中学生やもん。
雫のしたいようにさせようか 母さん」って
お父さん理解早すぎ!
でもその後ちゃんと、
でもな 人と違う生き方はそれなりにしんどいぞ。
何が起きても誰のせいにもできないからね」
と、さとすのだけど

このセリフ、高校生の頃から胸にささるセリフです。
「デザイナー」になることって親からしたら
どうも華やかなイメージがあるらしいけんさ、
「なに夢見とんねん」って感じやったけん。

やってみるって冒険っす。
何が起きても受け止める覚悟っす。
チャレンジできてて幸せっす。

「耳をすませば」観てると
またがんばろうって気持ちがムクムクでてくるけん好き。
あと、甘酸っぱいストーリーがにまにまする゚.+:。(*´v`*)゚.+:。ポッ♪
恋愛のドキドキ思い出すわ〜。



そんな好きなアニメに名前のこせて↓幸せ!!
(完全なる偶然です)