2013年2月26日火曜日

睡眠の優先順位をあげる。



「早く寝れないのは"できない人"。」

自己管理が出来ないのは、"できない人"なのです。
そのことを重々承知で、がんばってきたつもりでしたが、
自分は"できない人間"だと思い知って
情けなくて情けなくて辛くて仕事が手につかず
ずんずん落ちていってしまいました。
結局一夜泣き明かし、腫れた目での打ち合わせに。

きっとそれは一番気にしていた事で
しかし理想と現実がうまくいかず、やきもきしていた分
なお刺さったのです。

就寝が12時をすぎてしまうのは
時間の整理整頓ができていないのだと思います。
クリエイター業界の現実を見ると
定時以降の作業や、打ち合わせは毎度のことすぎて
「異常」が「普通」になってしまっているのでしょう。

定時で帰るは「早退き」、
20時で帰るは「定時」、
10時で帰るは「今日は早いね」、
12時で帰るは「おつかれさん」。
12時でもその日中に帰れたらマシな方という場合も。
しかしその「普通」に漬かってしまってはいけないのです。

とある営業さんは「みんな寝とらんっちゅうの!」と仰っていました。
夜の22時に電話がかかってきて
「今から打ち合わせ来ていただけますか?」や
「明日の朝には出さなければならないのですが、今夜時間いただけませんか?」などなど
人間ある一線をこえると笑いが出てしまうものですね。

もちろん、無理な時は「無理」と言います。
今は一人で仕事をしているので
抱え込みすぎると結局先方様にご迷惑をかけることを知っています。
必要以上の案件はもたないように気を付けています。

「定時以降は電話に出ないようにしようか。」
そう考え、つぶやいたこともありました。
しかしそれに対する答えは
「デザイナーには電話に出るまでかけ続けるよ(笑)」と。
電話は早くしめきって9時。実質の定時は10時くらいではないでしょうか。

ただ休日に仕事が入るのは忙しいというより
クライアントさんが個人様の場合、
平日はクライアントさん自身も仕事があり
休日しか対応できないとか、
クライアントさんの休日が土日ではなく平日で、
土日は絶賛営業中など。そういう場合もあるのです。



私、思うのですけど、
パソコンを使っているからって
操作しているのは人間ですよね。
つまり、大工さんで言うとノミがパソコンに変わっただけ、
手作業には変わりないわけですよね。
中身は人間、ということを、
内部の人間も外部の人間も
忘れているんじゃないかと思うことがあります。

仕事の他にももちろんすることは待っています。
洗濯物・干し・たとみ
晩ご飯後片付け
お風呂お湯入れ
お風呂掃除
献立考え

家族と少しのおしゃべり
恋人と少しのおしゃべり
休日の計画

仕事で時短できることは
クライアントの選別
前倒し作業
…などでしょうか。

結婚する前からこれなので
まだまだしぼっていく必要がありますね。


私は仕事は楽しいし、好きです。
しかし毎日が学祭準備のような、時間がない中での作業。
そんな感じなのだと思います。

画期的な方法は思いつきませんが
すべての時間を少しずつシェイプし
もう少し時間の整理整頓
がんばってみたいと思います。

2013年2月19日火曜日

気になる人。


気になってしょうがない人、
『山中 崇』さん。

映画やCMなどで、しょっちゅう見かけるよこの人!
どんだけ出演してんのよ!と思ってHP見てみたら
(多すぎるので大胆に割愛)


<映画>
『希望の国』
園子温監督  加藤役
==================
『ふがいない僕は空を見た』
タナダユキ監督 岡本慶一郎役
==================
『アウトレイジ ビヨンド』
北野武監督 サラリーマン風の殺し屋役
==================
『悪の教典』
三池崇史監督 真田俊平役
==================
『夢売るふたり』
西川美和監督 日野洋太役
==================
『きたなくて、めんどうくさい、あなたに』
吉田浩太監督 持田役
==================
『セイジ -陸の魚-』
伊勢谷友介監督
==================
『海炭市叙景』
熊切和嘉監督 工藤まこと役
==================
『武士の家計簿』
森田芳光監督 前田斉泰役
==================
『悪人』
李相日監督 刑事役
==================
『わたし出すわ』
森田芳光監督 川上孝役
==================
『フィッシュストーリー』
中村義洋監督 健太郎役
==================
『戦慄迷宮3D』
清水崇監督 藤野役
==================
『空気人形』
是枝裕和監督 岡部役
==================
『アンダーウェア・アフェア』
岨手由貴子監督 野澤役
==================
『百万円と苦虫女』
タナダユキ監督 田代役
==================
『うた魂』
田中誠監督 AD磯野役
==================
『チーム・バチスタの栄光』
中村義洋監督 斉木技士役
==================
他 多数


<TV>
『ゴーイングマイホーム』
梶鉄也・クーナ叔父役/フジテレビ系列
==================
『花のズボラ飯』
ガスケツ役/TBS系列
==================
『イロドリヒムラ』(第6話)
放送作家役/TBS系列
==================
『勇者ヨシヒコと悪霊の鍵』
役/テレビ東京
==================
連続ドラマW『ヒトリシズカ』
山川浩役/WOWOW
==================
NHKドラマ10『はつ恋』
野田幾也役/NHK
==================
『開拓者たち』
憲兵・遠藤役/NHK BSプレミアム
==================
『深夜食堂2』
ゲン役/TBS系列
==================
『謎解きはディナーのあとで』
藤倉俊夫役/フジテレビ系列
==================
『海賊戦隊ゴーカイジャー』(第13話)
梨田永吉役/テレビ朝日系列
==================
『闇金ウシジマくん』
板橋役/TBS系列
==================
他 多数


<CM>
JT 『グッドスモーカーの肖像「マナー」篇/「ひろ街」篇/「分煙」篇』
================================
日立『社会イノベーションキャンペーン「スマートシティ」篇』
================================
MAZDA『ミニバンキャンペーン「鶴の一声」篇』
================================

ケンタッキー『ケンタッキーへGO!篇』
================================
ベルメゾン『僕の好きな人「ファッション偏」「新生活偏』
================================
他 多数




麻生久美子さん、、かわいい*


JTのCMには、もうずっと出てる。



なんていうか、山中さんて

サラッとおったりするんですよね。
その役が殿様だったり、一般人やったり、優しそうなお父さんやったり、
やくざの下っ端やったり、借金まみれのダメ人間だったり。etc
どれもすんなり馴染んでるっていうか。

「あ、これにも出てるんや。」ってふと気になりだして、

そしたらアレもやコレもや、ってなって、
昨日久しぶりにドラマ版の「のだめカンタービレ」見てたら
ここにも出とるしーーーーー!!!!!!!って発見してしもたり。

すごい名脇役な方だなぁ、、。

その割には、なかなか画像がないなぁとも思う。

いやはや、こんなサラッと守備範囲広い人、憧れます。


2013年2月4日月曜日

続ける。




『無理をすると幸せではなくなる。
「こうあるべき!」としばりつけないこと。』by.茂木健一郎さん



甘やかす意味ではなく、
守るための意味で
無理をしない。
自分で自分を追いつめない。
遊び(隙間や緩み)をつくる。


人生短距離走じゃないし
目的が頂点にたつことより
身の脇に置いておきたいということならば


「ぽつぽつだけど、続いてるな~」
くらいで丁度いい
結果なんて忘れてしまえ。
過程を楽しめば忘れたころに
おのずと結果も出ると思うから。






手間は愛だと思う。







好きは好きでいいの。
他人のそれとはまた別物なことだし。

2013年2月2日土曜日

ねむ先生。


仕事の関係上、ある本を借りて読んでおく必要があったので
そのついでに借りてきた、ねむようこさんの
『午前3時の無法地帯』と『午前3時の危険地帯』

労働基準法などプイーーッと無視して
午前3時でも、土日でも絶賛稼働中のデザイン事務所(パチンコ系)のお話。

ひっさしぶり読んだけど
やっぱり好き!!もう全巻集めます!!
1冊1,000円近くするんやけど(1,000円×全8冊=約8,000円也)
全巻買います!!!!

ねむさんの漫画は

「ダサかった女の子があか抜ける」とか、
「今までモテんかったのに男2人に取り合いされる」とか、
そういうベタさはないのですよ。

「こんなんじゃいかんよな〜」って
女子力を保とうとしたり、
「つまんないな〜」って女の下心があったり、
恋の為なら仕事がバリバリはかどったり、
逆に全然できなくてミスばっかりしたり、
失恋を仕事で忘れようとしたり、断髪式したり。

『危険地帯』は『無法地帯』の続編で、
それぞれ主役が変わるけど、どちらの子も
「私、なんでこの会社にいるんだろう?」って悩むのです。
自分が本当にしたいことを追い求めなくていいのかとか、
過去のトラウマとか、自信が持てないこととか、
どれもあるあるある!
と思うものばかりなのです。


仕事の過酷さが痛いほど共感できるのですが、

その過酷さゆえ、新人社員のフォローに敏感な先輩達の優しさに救われる。。。
私自身、先輩がいた時期があまりに少なすぎて、単純にうらやましい。

自分が「どこか大丈夫じゃない」状況を気付いてくれて
話を聞いてくれるだけでも、どんなに楽になるかなぁ〜と思いますもんね。




私が全8冊の中で特に共感したシーンは、
主人公ももちゃんが
遠距離恋愛中の彼氏と都合あわず、会えなくなったが
気持ちを切り替えて仕事終わらそうとしたシーン↓です。


堂本(先輩チーフデザイナー):「たくましいね、ももちゃん」
ももこ:「え?ははっ。 たくましくないとやっていけないですからねー」
堂 本:「ふーーーん」

堂 本:「でもなんかカレシかわいそー。
          そんなアッサリされちゃうと!」
ももこ:「へ?」

堂 本:「だってさー。やっぱ男としては
          「アナタなしじゃワタシだめなの」ってスタンスが欲しいワケじゃん?
          もーちょっとさめざめしててくれないとさぁ…
          たくましい女なんて正直萎えるっつーか…
          一人で大丈夫とか言われてもさぁ…。

ももこ:
さめざめしてたら
仕事ほっぽり出して帰ってきてくれるんですかーーーー!?


淋しい淋しい言ってたら
土日休んで会いに行かせてくれるんですかーーーっ


女をたくましくさせるのは男でしょーーーーーーーーー!?


守り切る度量もないクセにたくましくなるななんてっっ……


都合よすぎるんじゃぁぁあ!!!!!!!!」







言いよったぁ〜〜〜〜。ですよ。
さめざめしくすると鬱陶しがられるのに、
強くなると可愛くないと言われてしまう。。。
こんな経験したことある方、いらっしゃるんじゃないでしょうか?

弱さを見せれる人間の方が、
弱さを見せない人間より、本当は強いんだと思います。

逆のパターンで女が男に都合の良い面だけを期待してしまっている事もあるでしょうし。
「男が悩まないとでも思ったら大間違いだぞ」ですし。

男女とも、仕事している以上「(恋愛面で)アナタなしじゃワタシだめなの」スタンスは
通用しない。(場合が多い)






あともうひとつ。デザイナーとして覚えておきたいシーンは、
主人公たまこちゃんが、デザイナーの仕事について語るシーン↓。


輪島(営業):「これ会長(パチンコ屋の)の字だろ?バランス悪くないか?達筆すぎて。
たまこ:「あ…でもべガス(店名)はどっちかっていうと
          小ぢんまりしたあっとホームなお店だから、
          そういう内輪ネタが喜ばれたりするんです。」
          
          「会長の手書きの貼り紙は、べガスの名物みたいなものだし…
          そういう特徴をこわして、ピカピカに使い込んだデザインをするのは
          逆に嫌がられるんじゃないかと…」

          「ホラ、ボロボロのラーメン屋がキレイに改装して
          がっかりしちゃう感じってあるじゃないですか。
          
          ただキレイに改装するんじゃなくて、

          ボロボロの中のどこに人はひきつけられるのかを汲み取って
          整備して再建築するのが…

          デザイナーの仕事なんじゃないかと思ったんです。




…ほんと。まさにその通り。。

いかにお客さんの"らしさ"を引き出して、活かすことが出来るか。だと思います。
しかしお客さん側も「ただキレイにすることに意味がある」と
思い込んでいる方がまだまだ多いのも事実。
お客さんに伝える力や、懐にうまく入っていく力を
もっと鍛えていかなければならないんだと思います。



ねむさんの漫画読むと、
恋愛したくなるし、仕事やる気でるしで本当に大好き。
多分やる気でない時に、繰り返し読む漫画になると思います。